スポンサーリンク

『ヒプノシスマイク』の魅力って? 斉藤壮馬が語る“夢野幻太郎” | ananweb – マガジンハウスのご紹介です。

その他
『ヒプノシスマイク』の魅力って? 斉藤壮馬が語る“夢野幻太郎” | ananweb – マガジンハウス

今回はananweb – マガジンハウス – 恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!さんの最新記事のご紹介です。


タレント

シブヤ・ディビジョン代表、「Fling Posse(フリング ポッセ)」を徹底解剖!

ポップな明るさと底知れなさの両面を持つシブヤ・ディビジョンの3人組。メンバーのひとり、夢野幻太郎(ゆめの げんたろう)を演じる斉藤壮馬さんにインタビューしました。

シブヤ・ディビジョン「FlingPosse」の一員、夢野幻太郎。嘘なのか本当なのかわからないことばかり言って周囲の人を混乱させる…そんな彼を演じるのは、声優・斉藤壮馬さん。歌手としても活躍しているだけあって、キャラクターを理解しながら歌うのはお手のもの。そんな斉藤さんに『ヒプノシスマイク』の魅力と「Fling Posse」について、語っていただきました。

――『ヒプノシスマイク』の話を最初に聞いて感じたことは?

斉藤:今までありそうでなかった組み合わせだな、と思いました。僕自身ヒップホップミュージックのリスナーだったので、お話をいただいた時は「ついに、これを企画する人が現れたか!」と(笑)。そんな未知の試みですが、キャラクターコンテンツのファンのみならず、今までこういったジャンルに触れることのなかったヒップホップリスナーの方にも届いたりしていて。いろんな方に新鮮なものとして受け止められているのは、嬉しいですね。

――キャラクターの個性とラップスタイルがリンクしているのも魅力ですが、幻太郎のラップスタイルは独特ですよね。

斉藤:そうですね。幻太郎のソロ曲「シナリオライアー」は、朗読に近い、ポエトリーリーディングと呼ばれるようなスタイルですが、ラップと一口にいっても様々な方向性があるんです。それはたとえば、12人全員で歌う「Division Battle Anthem」を聴いていただければよりわかりやすいかと。この曲での幻太郎のパートは、ソロ曲よりもさらにトリッキーなフローになっているんですが、正確なリズムよりも少し遅らせて、もたつき感を出しています。こうすることでグルーヴ感が増して、味が出てくる。対照的に、(有栖川)帝統のように、一聴しただけで耳が気持ちいい音のはめ方もある。そうしたヒップホップ的挑戦とキャラクター性を両立させようというのが、面白いところですよね。スタッフさんたちが、“最高のバランスで曲を完成させる”という志を持っているので、僕たちもその気持ちに応えられるように、難しいですけど、楽しんでやらせていただいています。幻太郎がこの先、またどんなラップを見せてくれるのか未知数ですし、僕自身も楽しみにしています。

――「Fling Posse」はどんなチームだと思いますか?

斉藤:おしゃれでポップで軽やかなノリが「Fling Posse」の魅力ですね。いい意味で若者っぽいというか、まさにシブヤっぽい。それでいて、それぞれの思惑がまだまだ未知数なところも興味深いですよね。チームとしてのスタートが、リーダーである飴村乱数が夢野幻太郎と有栖川帝統を誘った、というのも他との違いです。なので、彼らがチームを組んで活動しているうちに、絆が芽生えつつあるというのが現状なのかなと。キャストの3人も一緒に収録しながら仲よくなってますし、作中の彼らもいい意味でポッセ(ヒップホップ用語で“仲間”の意味)になりつつあるんじゃないかと思います。

――3rdライブで、幻太郎が手に持っていた本の中身を掲げたら中身は真っ白だった、という演出が素晴らしかったです。

斉藤:幻太郎の曲は観客を盛り上げるには少し難しい曲なので、みなさん&hellip


[今回はananweb – マガジンハウス – 恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!さんの最新記事をご紹介しました。
この記事の続き、また他にも楽しい記事が多くます。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

ananweb – マガジンハウス – 恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!
『ヒプノシスマイク』の魅力って? 斉藤壮馬が語る“夢野幻太郎” | ananweb – マガジンハウス