スポンサーリンク

デカ目はチークを入れる位置で決まる。プロが操るテクニックいらずの錯覚メイク

デカ目はチークを入れる位置で決まる。プロが操るテクニックいらずの錯覚メイク 美容・トレンド
デカ目はチークを入れる位置で決まる。プロが操るテクニックいらずの”錯覚メイク”

いくら目元を大きく見せようとしても、アイシャドウを濃くしたり、マスカラをたっぷり塗るだけでは、限界がある。目の錯覚を利用した錯覚メイクで目を大きく見せる方法を目元プロデューサーの垣内綾子さんがレクチャー!

目もとを強調させたいなら下まぶたのラインに沿って、写真左のようにチークを入れてみてください。人の脳は同じ線があると、それらを認識しやする効果があるといわれています。

コメント: 垣内綾子さん

左:目のラインに沿って平行にチークを入れた頰と、右:丸くポンポンっと真ん中にチークを入れた頬。違いは一目瞭然。脳の錯覚で平行な目もとと頬が認識されて、デカ目効果が。

目を大きくしようとアイメイクを頑張りすぎると、逆に小さく見えてしまうこともある。チークの入れる位置を変えるだけで一気に印象がアップして簡単に目を大きく見せられる。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

by.S
デカ目はチークを入れる位置で決まる。プロが操るテクニックいらずの”錯覚メイク”