スポンサーリンク

“+5歳”老け見えの原因は「顔冷え」かも。全身を抜かりなく温める、美人のバスタイム習慣

“+5歳”老け見えの原因は「顔冷え」かも。全身を抜かりなく温める、美人のバスタイム習慣 美容・トレンド
“+5歳”老け見えの原因は「顔冷え」かも。全身を抜かりなく温める、美人のバスタイム習慣

「あれ、 顔が冷たい!?」って、感じたことはない? 美容家・山本未奈子さんいわく「それは“顔冷え”」だそう。顔が冷えると、くすみ、クマなどを引き起こし、顔の印象も老けたものに…。

そこで、 豊富な美容知識で絶大な支持を得る、山本さんが顔冷え改善入浴法をガイダンス。毎日のバスタイムで美肌をGETしよう!

気温が下がって、冷たい風が顔にあたる季節は、ストールやマスクで顔を隠していても、キンキンに冷えて、なんだか肌の調子も悪くなるみたい…。

冷たい外気などによって顔が冷えると、肌の代謝がダウン。血行不良になったり、ターンオーバーが乱れたり…。

そうなると、肌に栄養が行き届かなくなり、くすみやたるみなどを引き起こすことに。さらに、皮膚の薄い目まわりにクマができたり、唇が紫色になったりと、悪いことばかり!

コメント: 山本さん

肌のツヤもなくなって、顔の印象もどんより…。そんなの嫌! 解決法は…?

顔が冷えているということは、全身も冷えている可能性が大。全身を冷やさないように防寒対策をするのはもちろん、しっかり温めることが顔冷えケアのポイントです

コメント: 山本さん

〈山本流 冷え対策 5つの掟〉

①“3首”を温める
太い動脈が走っている首をはじめ、手首、足首の〝3首〟をしっかりカード。冷えを徹底的に防ぐ。

②冷たいドリンクを避ける
代謝が下がる原因になるので、氷の入った冷たいドリンクなどは避ける。

③適度に筋トレをする
運動不足で筋肉が不足すると、どんどん冷えが加速。日常的に適度に運動する。

④しっかり睡眠をとる
寝ている間に全身に血液が行き渡るため、寝不足だと、末端が冷えやすくなってしまうことに。十分な睡眠をとるよう心掛ける。

⑤全身浴をする
やっぱり全身を温めるには、毎日、湯船につかるのがベスト! ただ入浴するのではなく、入浴剤を使ったり、効果的な入浴法を試してみる。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

by.S
“+5歳”老け見えの原因は「顔冷え」かも。全身を抜かりなく温める、美人のバスタイム習慣