スポンサーリンク

5年後なら日本も!? 仏で「黄色いベスト運動」が起こる理由

5年後なら日本も!? 仏で「黄色いベスト運動」が起こる理由 美容・トレンド
5年後なら日本も!? 仏で「黄色いベスト運動」が起こる理由

格差社会の膿が噴出するフランス。将来、日本でも?

社会のじかん

フランスでは、昨年11月から9週連続で、毎週土曜日にマクロン政権に反対するデモが開かれ、参加者は8万4000人にのぼりました。発端は、燃料税の値上げ。アメリカはトランプ政権になり、パリ協定を離脱するなど、環境問題に後ろ向きの姿勢を示しています。先進国として、フランスは率先してCO2の排出量を減らす対策を立てようと、燃料税を上げ、国民に電気自動車への乗り換えを促そうとしたのです。ところが、多くの国民にとって電気自動車は高額なため買えません。そこで、黄色いベストを着て、政策に反対の声を上げました。参加した人たちは、月収25万円前後の労働者や年金生活者。毎月ギリギリの生活を送っている、パリ近郊に住む人たちでした。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

ananweb – マガジンハウス – 恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!
5年後なら日本も!? 仏で「黄色いベスト運動」が起こる理由 | ananweb – マガジンハウス