スポンサーリンク

今日は残業したくないっ! 秘書100人が教える「うまい断り方」実例8選

今日は残業したくないっ! 秘書100人が教える「うまい断り方」実例8選 その他
今日は残業したくないっ! 秘書100人が教える「うまい断り方」実例8選
スポンサーリンク

もし残業を頼まれたら…?

上司から残業を頼まれたとき、どんなふうに断っていますか? 大切な予定があるときや、疲れているから帰りたいときなど、いろいろ残業したくない理由はありますよね。そんなとき、どう断ればマナー違反にならないのでしょう? そこで、ビジネスマナーに詳しい現役秘書100人に「失礼のない断り方」をリサーチしました!

残業の「うまい断り方」は…?

明日の朝でいかがでしょう…

「大変恐縮ながら、所用のため本日は難しそうです。代わりに、明日朝早めに出勤するかたちでいかがでしょうか」(31歳・法律事務所)
「今日は、予定を入れてしまいまして。明日朝の対応でもよろしいでしょうか」(49歳・IT)

アンケートでもっとも多かった回答が、提案型の断り方。残業しない代わりに翌日の早朝や午前中に対応する、と申し出るパターンです。単に断るだけでなく提案もする、という点、参考になりますね。

家でやりますので…

「今日は家の事情で早く帰宅しなければならないため、残業をすることはできません。しかしながら、お急ぎの件でございましたら、家で対応いたしますので、ご用件をお聞かせください」(48歳・エネルギー)

こちらも提案しながら残業を断るパターンです。「家に持ち帰ってまで仕事しなくていいよ」といってもらえたらラッキーですが、そうはならない可能性大。夜に仕事をする覚悟を決めて提案したほうがよさそうです。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

ananweb – マガジンハウス – 恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!
今日は残業したくないっ! 秘書100人が教える「うまい断り方」実例8選 | ananweb – マガジンハウス