スポンサーリンク

黄金比は「7:10」。本能的に男性を引き寄せる、“ヴィーナス尻”の作りかた

美容・トレンド
黄金比は「7:10」。本能的に男性を引き寄せる、“ヴィーナス尻”の作りかた

異性はもちろん同性から見ても、お尻が美しい女性は魅力的。
メイクアップアーティストの早坂香須子さんに話を伺うと、“美尻”にはある条件があるとのこと。どんなお尻が美しいと言えるのか、またそれを育むためにはどうすべきか、くわしく話を伺った。

知り合いの医学博士である、大阪市立大学医学部 健康科学研究所の井上正康先生から聞いた話で、古代より伝わる「美の象徴」ヴィーナスや三美神(さんびしん)は、プロポーションの黄金比があって、その比率は「ウエスト6~7:ヒップ10」と言われているそうです。

それが美しいと思ってしまう… そんな風に、脳に仕組まれているんでしょうね(笑)

コメント: メイクアップアーティスト 早坂香須子さん

また、こちらも知り合いのパーソナルトレーナーさんに聞いた話なのですが、男性女性ともにキュッと上がった美尻を見ると、「生殖能力が高い」と感じるようにできているそうですよ。

いざというときも、お尻がきれいであることで自分に自信が持てますよね。そういった意味でもお尻はきちんとケアしたいですね。

コメント: メイクアップアーティスト 早坂香須子さん

女性なら誰しも、視線を集めるほどの魅力的な美尻を目指したいもの。
今回は、そんな美しくキュッと上がったヒップを「ヴィーナス尻」と呼び、それを育むための方法を早坂さんに教えていただいた。

上質オイルで吸い付くようなしっとり美尻に

ヒップの質感は、ほどよいやわらかさを兼ね備え、引き締まったなめらかな質感が理想。くわえて、欠かせないのが「肌のみずみずさ」と「弾力」。

早坂さんいわく、女性のメリハリある曲線は「エストロゲン」という女性ホルモンが鍵を握っているのだとか。「エストロゲン」の分泌がきちんと行われていると、バストやヒップに、脂肪や水分が蓄えられる。「ボン・キュッ・ボン」なスタイルを目指すためには、欠かせない要素というわけ。
また、吸い付くようなみずみずしい肌を維持するためにも、この「エストロゲン」が不可欠。

「油分」は、女性ホルモンを作り出す原料になると言われています。良質なオイルを積極的に取り入れるとよいでしょう。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

by.S
黄金比は「7:10」。本能的に男性を引き寄せる、“ヴィーナス尻”の作りかた