スポンサーリンク

のっぺり地味~な和顔でも、鍛えれば「ハーフ顔」に。“ボディビルの原理”お顔の筋トレとは

のっぺり地味~な和顔でも、鍛えれば「ハーフ顔」に。“ボディビルの原理”お顔の筋トレとは 美容・トレンド
のっぺり地味~な和顔でも、鍛えれば「ハーフ顔」に。“ボディビルの原理”お顔の筋トレとは

目力のあるハーフ顔や美人顔のひとって、ホリが深く目と眉の幅が狭いイメージ。キリッとした目もとになって、のっぺり地味顔から卒業したいけど、それって骨格の問題でしょ…と諦めてしまっていない?

実は、顔もボディービルダーのように筋肉にアプローチすることで、整形級に変えることができるんです!「整体KAWASHIMA」代表の人気整体師・川島悠希さんが発案した、1日5分で目と眉の距離を縮めるトレーニングをレクチャー!

目と眉毛の距離が離れていると、涼しげで平坦な和顔に見える。逆に距離を近づけると、西洋人風のキリっとした印象になる。美人系なハーフ顔にあこがれるひとにとって、ホリが深い顔に見える目と眉の幅は、キーポイント。

だからといって、目もとのホリの深さは骨格の問題で、整形手術でもしないと変えられない部分。そこでアプローチしたいのが筋肉。毎日トレーニングしているボディビルダーは、上腕筋が強すぎて、若干、肘が曲がり気味になる。つまり筋肉は、普段よく使っていると、収縮する傾向にあるから、目と眉の間の筋肉を毎日トレーニングすることで距離も近づくクセがついてくれるというワケ。

さっそく、鍛えるべき目もとの筋肉とその方法をチェック!

美容整体師が考案、1日5分で目もとのホリが深くなるトレーニング

鍛えるべき目もとの筋肉は2つ。眉毛の眉頭のところにある眉毛下制筋(びもうかせいきん)と眼輪筋の上半分。

[▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼]


[この記事は、まだまだ続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

by.S
のっぺり地味~な和顔でも、鍛えれば「ハーフ顔」に。“ボディビルの原理”お顔の筋トレとは