スポンサーリンク

おばさん感を増長させるアレ…。ほうれい線をつくる「NG行動」をプロが指南

おばさん感を増長させるアレ…。ほうれい線をつくる「NG行動」をプロが指南 美容・トレンド
おばさん感を増長させるアレ…。ほうれい線をつくる「NG行動」をプロが指南

30歳近くになったころから、ふと鏡を見ると「ほうれい線が深くなったかも」と感じることが多くなった。そのほうれい線、くっきりとした線が刻まれてしまうと、一気に老けた印象に…。

そこで今回、お肌のプロである渋谷スキンクリニック」の吉田貴子院長に、20代からはじめるべき「ほうれい線ケア」を教えてもらった。

加齢や紫外線、喫煙によるたるみによって、目立ちやすくなるといわれるほうれい線。それ以外に、ほうれい線が目立ちやすくなる原因や、「こんなひとは、ほうれい線が目立ちやすい」という特徴があれば知りたい!

頬に筋肉や脂肪が多くついているひとは、下垂しやすくなります。そのため、若いうちからほうれい線が目立ちやすい傾向がありますね。太ると顔に脂肪がつきやすいひとは、筋肉がたるむことで、急に老けた印象になることもあるため注意が必要です。

コメント: 吉田貴子先生

ほうれい線の原因「筋肉のたるみ」をつくるNG行動

メイクで隠すことが難しい、ほうれい線。きれいにメイクをしたつもりでも、線にファンデーションが溜まって余計に老けて見えてしまったり。
そもそも、顔の筋肉がたるんでしまうのはなんでだろう? 避けるべき、NG行動なんてあったりするもの?

おしりや二の腕を想像するとわかりやすいと思いますが、筋肉は痩せるとたるんできます。顔も同じで、表情筋を鍛えないと筋肉が痩せて下垂してしまいます。頬はもちろんのこと、目の下や額なども筋肉が痩せてたるんでしまうと、老けた印象をあたえてしまうんです。

コメント: 吉田貴子先生


[この記事は続きが有ります。下記より紹介元サイトをご覧下さい。
この記事・写真の紹介元です。↓ ↓ ↓]

by.S
おばさん感を増長させるアレ…。ほうれい線をつくる「NG行動」をプロが指南